ぽよろぐ

30代半ば、一児の父、技術営業職。仕事のスキルを家庭に持ち込むのが好き。

AirPodsでPodcastを聞いて英語リスニングを伸ばす

f:id:el_pollo_loco:20181028231659p:plain

英語が必要な場面は誰しも突然やってきます。ところが、パスポート取得率が4人に1人のこの国で、英語に対する苦手意識は皆さんお持ちのことでしょう。

なぜ英語に対する苦手意識が高いかというと、多くの日本人にとって英語は、日常的に使う機会がないが、いつか必要になる日のために勉強させられてきたものだからです。では英語ができるようになるためにはどうすれば良いかというと、楽しみながら、日常的に触れる機会を増やすことが必要です。このためには、英語に触れるハードルを限界まで下げることが有効です。

私は去年から、外国人社員が過半数を占める、日系ベンチャー企業で働いています。同僚たちの出身はアメリカ、カナダ、フィリピン、インド、スペインと様々ですが、共通言語は英語です。英語で日常的に議論をし、人間関係の調整をし、議事録を取ります。

私がビジネスレベルの英語のディスカッションに慣れるために有効だったのが、Podcastでリスニングに慣れることでした。そして今年、AppleAirpodsを購入したことで、Podcastを聞くハードルが一気に下がり、Podcastを聞く時間が伸びました。

ApplePodcastが最強のリスニングアプリである理由

番組が豊富

Podcastには個人、法人含めてあらゆるジャンルの番組が登録されています。ニュース、ビジネス等の仕事で使われる話題だけでなく、趣味、財テク、ライフスタイル等、あなたが個人的に興味を持つテーマについて、世界中の個人・法人が番組を提供しています。英語学習の場合、英語圏に住む非英語話者のための、英語で英語を教えるPodcastもあります。このため、TOEICのための勉強のような、英語の勉強のための勉強に陥ることなく、トピックに興味を持ちながら、英語に触れる機会を増やすことができます。蛇足ですが、ほぼすべてのプログラムは無料で購読できます。初級者~中級者用のおすすめPodcastはこちらをご覧ください。

再生速度変更、スキップが簡単にできる

再生速度変更と、短時間のスキップは、語学リスニングアプリに必須の機能です。Podcastはこのあたりの機能が文句なしの使いやすさです。

Podcastでは、0.5倍速から2倍速まで、再生速度を0.5倍単位で調整することができます。喋りがゆっくりな番組を速聴したい場合や、逆に確実にディクテーションをしたいのでゆっくり目に聞きたい場合などに、ワンタップで再生速度を変更することができます。 

また、通常の早送り、巻き戻しに加え、15秒などの単位で前後方向に再生位置をスキップすることができます。ワンフレーズ聞き取れなかった場合に、もう一度聞き直したい場合に重宝します。またこのスキップ時間は、15秒単位で好きな長さに変えられます。

f:id:el_pollo_loco:20181028225944j:plain

iPhoneの「設定」→「Podcast」の一番下から、スキップボタンの秒数の設定ができます

AirpodsによってPodcastを聞くハードルが限界まで下がる理由

そもそも耳につけるハードルが低い

従来のイヤホンでは、まずこんがらがったケーブルをほどき、イヤホンジャックに挿して、それから耳にはめます。私はこれだけのハードルが理由で、短時間なら何も聞かずにスマホの画面眺めていればいっか、ということになりがちでした。

Airpodは、ケースから取り出して耳にはめるだけで、自動的に起動及びペアリングが完了します。これは他のBluetoothイヤホンでは得られない使い勝手の良さです。

また、最近気が利くSiriは、Airpodsと接続しただけで「Siriからの提案」としてPodcastの使用を勧めてきます。慣れればAirpodsを取り出してからPodcastを聞き始めるまで10秒足らずで完了します。

この手軽さが、AirpodsPodcastを聞くハードルを下げる唯一にして最大の理由です。これだけで17,000円は払う価値があります。

耳から白いのが垂れている見た目がハードルになる?少なくとも東京では、最近電車内でのAirpods利用者は増えているので大丈夫ですし、白いのが気になるならアメリカ国旗を耳から垂らすこともできます。

運動中も落ちないフィット感

運動中は、他に考えることもなく、30分~1時間まとまって時間を取れるので、実は日常の中で最も集中して英語に触れられる時間でもあります。

これは個人差のある話だと思いますが、私の耳にはジャストフィットします。ランニングをしていても落ちません。むしろ、ケーブル付きのイヤホンの方が、ランニング中にケーブルの重さで耳から落ちることがありました。イヤホン自体の形はiPhoneの従来のものと変わらないので、iPhoneユーザーの方は心配なく購入することができます。

屋外のランニング中でも、周囲の音を完全に遮ることがないため、基本的に危険を感じることはありません。運動しながらのPodcast、おすすめです。

充電の持ちがいい

イヤホンにせよスマートウォッチにせよ、Bluetooth接続機器は電池の持ちが重要な性能です。私は往復の通勤時や、ランニングやジムの運動中など、一日に1時間~2時間ほどPodcastを聞きますが、Airpodsの充電は週に1~2回です。ケースに入れている間に勝手にイヤホン本体の充電をしてくれるあたりのデザインは神がかっています。

f:id:el_pollo_loco:20181028225914j:plain

AirpodsとのBluetooth接続時に、電池残量がiPhoneホーム画面に表示される

まとめ

Podcastの効用と、AirpodsPodcastを聞くためのハードルを下げる理由を説明してきました。Podcastを活用できると、英語以外にも情報収集の幅が広がります。スマホが知人のSNSを見るだけでなく、あなたの世界を広げるような使い方の助けになることを願っています。