ぽよろぐ

大企業→ベンチャー転職組のアラサーサラリーマンが、役に立ちそうなことをつぶやくブログです。

モバイルSuicaを始める際にこれをしないと損をする

f:id:el_pollo_loco:20200113210919p:plain

モバイルSuicaビューカードと組み合わせて使うことで、最大3.5%の還元率を得ることができます。

ところが本来受けられるポイント還元を、色々設定しないと受けられないことがわかったのでここにまとめます。ここに書いてある手順を踏まずに、モバイルSuicaを使うだけだったり、ビューカードを作るだけではポイント還元をフルに受けられません。なお内容は主にiPhoneユーザーを意図しています。

ステップ1:MY JR-EAST IDの作成

モバイルSuicaビューカード、それにえきねっとは、JR東日本が提供するサービスです。ところがそれらのサービスは、サービスごとにIDおよびパスワードを設定しなければなりません。それらをまとめてひとつのID/パスワードで管理してくれるサービスがこちらです。まずはこれを設定しましょう。

www.jreast.co.jp

My JR-EASTで連携できるサービスは、モバイルSuicaビューカードえきねっと、そして後述するJREポイントです。インターネットSuicaというサービスもありますが、これはすでに終了しているサービスのため無視して構いません。

ステップ2:Viewカードの作成

Suica/モバイルSuicaを利用の際には、チャージにビューカードを使うとJREポイントで1.5%還元されます。おすすめはこちら。年1回以上の利用で実質年会費無料です。

www.jreast.co.jp

ビューカード作成時には次の注意点があります。

VISAブランドはApple payのWalletアプリでの支払いができない

iPhoneにおけるモバイルSuicaへのチャージ方法には、AppleのWalletアプリか、JR東日本Suicaアプリの2つの方法があります。このうちApple payのWalletアプリについて、ビューカードをVISAブランドで作ると、Walletアプリ内でのチャージができません(「App内での支払いにはご利用できません」というエラーが出ます)。

そのため、ビューカードはMASTERかJCBで作るか、もしもVISAで作った場合にはチャージはモバイルSuicaアプリから行いましょう。

ビューカード特約で東海道新幹線のグリーンプログラムが貯まる

ビューカード特約とは、東海道新幹線の予約がオンラインでできるエクスプレス予約さーびすのことです。私鉄系カードでも連携ができますが、ビューカードのメリットとして、新幹線のグリーン車に乗れるポイントが貯まる、グリーンプログラムに参加できることがあります。通常の私鉄系カードよりお得なので、ビューカード作成完了後に申し込んでおきましょう。

ステップ3:モバイルSuicaViewカードの登録

モバイルSuicaへのチャージは、ビューカードを利用しないとJREポイントが貯まりません。Walletアプリ内のSuicaへの支払いカードか、モバイルSuicaアプリの支払いカードをビューカードに変更しましょう。

なおモバイルSuicaへのオートチャージ設定はおすすめしません。デバイスを紛失した際、他人に使われるリスクがあります。モバイルSuicaの場合、残高の減少の把握も、チャージもすぐにできるので、都度認証しながら手動でチャージする方が安全でしょう。

ステップ4:モバイルSuicaJREポイントの連携

最後に、ここまで用意したモバイルSuicaJREポイントに登録します。

少なくとも2020年1月現在、ビューカードモバイルSuicaを含む全てのJR東日本サービスのポイントは、JREポイントに統合されています。わかりにくいですが、ビューカードのビューサンクスポイントというのは撤廃されています。

JR東日本の利用で、JREポイントは具体的にどのように還元されるのでしょうか。

まずビューカードによるモバイルSuicaへのチャージで、1.5%還元されます。なおオートチャージでも手動チャージでも還元率は変わりません。

次に、JR東日本に対するモバイルSuicaの支払いで2%還元されます。

つまり、ビューカードでチャージされたモバイルSuicaJR東日本を利用すると、合計で3.5%還元されます。

で、モバイルSuicaビューカードの連携のためにも、JREポイントアカウントを別途作成し、My JR-EASTで紐付ける必要があります。

www.jrepoint.jp

まとめ

ビューカードモバイルSuicaも、取得しただけではJREポイントに紐付いていないため、手動で紐付けの作業が必要になります。この内容はあまりわかりやすくまとまっていないため、見落とさないようにしましょう。